国際綿花相場の裏事情

【NOCレポート】より

世界的に有名なイギリスのファッションデザイナー キャサリン・
ハムネットのホームページを見ていたら、一般のコットンの問題点を
厳しく追及していました。
農薬による自然破壊の問題や農場で働く人々の悲惨な状況が率直に語られています。
NO MORE FASHION VICTIMS(もうこれ以上ファッションの世界から犠牲者をだすのを止めよう!)の スローガンをプリントしたTシャツでアピールしています。
キャサリンさんが2003年にアフリカのマリを視察したときのことでした。
綿花農家で最悪の場面に出くわしたのです。
それは貧困のため、栄養失調で母乳が出なくて、二人の子供を
次々と死なせてしまった若い母親の嘆きでした。
そしてそれは、特別に珍しいことではなく、日常茶飯事のことであることを知らされました。
それからキャサリンさんは、「オーガニックコットン」を普及する
ことの重要性を強く認識したのです。
<ホームページより>
一般の綿がどれほど酷いかということ・・・
・ 綿は世界の農作物の10%なのに、世界の25%もの 殺虫剤を 使っている。
・ 世界保健機構WHOによると、毎年2万人もの人が農薬の薬害事故で死んでいる。
・ PAN(Pesticide Action Network・農薬問題ネットワーク)によれば、100万人以上の人々が長期に亘る農薬の被害を受けている。
・ ロシアから南アフリカにかけて一億人の綿花栽培農民は、飢餓状態の貧困の中にいる。
・ 飢餓による死が拡がり、農薬などの借金が払えず自殺する綿花農民が年間20万人もいる。
★ アメリカの綿花農業者に支給されている補助金が世界の綿花の相場価格を引き下げて、
途上国の綿花農家を貧困に 追いやっている。
アメリカ国民は、世界で唯一、このことを改善できる立場にいる。政府に廃止を求め、
政治家にオーガニックコットンを着るよう迫ろう!
貧困農民が有機栽培に変えれば、この酷い状況はなくなる
オーガニック栽培に換えると、支払いが40%減って、20%高く売れるので、
収入が50%も増える。
そうなると、食べるものも着るものも整い、子供たちの健康と教育を維持できる。
オーガニックコットンは綿花栽培を行う途上国の貧困から抜け出す唯一の方法である
あなたが、オーガニックコットンのTシャツを選ぶということは、
それが優しくソフトで格好よく充実感を味わえるということだけではなくて、
何よりも一番大事なことは、・・・・・
オーガニックコットンTシャツを選んだあなたがこの地上に生きる人々の
尊い命を助けているということなのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記のキャサリンさんの主張の中の★印に、アメリカの綿花農家への補助金が途上国の綿花農家の貧困を
生んでいるという指摘があります。
この点に注目してみましょう。
ブラジルは、2003年に、アメリカの綿花農家に
対する補助金が、世界の綿相場を歪めているとして
世界貿易機関WTOに提訴しました。
その後2005年、2008年と二度に亘り、
アメリカのWTO協定違反が認定されました。
ところがアメリカは、一向に改善しようとしないため、
WTOは、とうとう2009年8月、ブラジルに対して、
アメリカからの輸入品に総額約742億円(90.5円/$)の
報復的な関税を課すことを許しました。
翌年2010年4月に、アメリカはこの報復措置を
回避するためブラジルと交渉を始めました。
2009年のアメリカの農業補助金の内訳は、トウモロコシが39.75億ドル、小麦が
22.32億ドル、大豆が17.28億ドル、そして綿花が22.7億ドルですから、
アメリカにとって綿花が、いかに重要な農産物として位置付けられているのかが判ります。
もしも農業法において国内農家への補助金を見直すとなると、綿花農家だけでなく、大豆、
トウモロコシ、小麦、米ほかの作物にも影響があり、国内で大きな反発もあり、アメリカ政府は苦慮しています。
2003年、メキシコのカンクンで行われたWTOの討議の中でアフリカのマリとブルキナファッソの大統領が、アメリカの補助金のために苦しんでいる窮状を訴えました。
・アフリカ各国にとって綿花は、重要な農産物で、輸出歳入の40%以上でGDPの10%にもなる。
・アメリカが、2002年に自国の25,000の綿花生産者に30億ドル(3000億円)の補助金を与えており、その額は、ブルキナファッソで、綿花で生活している200万人の生産額よりも多い。
・補助金のために綿花相場が不当に下がり、アフリカの1000万の農家を窮乏化している。
西アフリカのベニンの農家の1ポンド当たりの綿花のコストが、0.35ドルで、アメリカは0.8ドルになり、この0.45ドル分が補助金として農家に支給されているということです。
アメリカの補助金が無くなると、コットン相場が上がり、アフリカのコットン農家は総額で2億5000万ドル多くの収入を得るという報告もあります。
世界銀行(2006年)は、世界の綿花補助金が廃止されると世界に283億円の経済効果があると発表しています。世界の綿花相場が上がり、途上国の収入が上がります。
アメリカは、中国、インドに次ぐ、綿花生産大国で、なんと世界の綿花生産の12%を占めていて、それが、補助金で、半値に引き下げられた綿花価格が、世界の綿花相場を引き下げ、途上国の綿花価格を下げる圧力になっています。
アメリカの綿花農業者は、十分な国の保護の下うるおい、その綿花農業者に供給している「種や農薬の企業」が安定的に収益を伸ばしています。
このように、アメリカの綿花は、政治を巻き込んで、がんじがらめの複雑な利権構造の中にあるのでした。
綿花を生産する途上国の人々が、それぞれ納得して、当たり前の生活を維持できるようにならなくてはなりません。
補助金とは縁がない自立したオーガニックコットンの存在意義は、
益々重いということを知って欲しいと思います。
平成26年6月2日                     NOC 宮嵜道男

スリーパー着用イメージ

先日はスリーパーの着用イメージ写真を撮影しました。

モデル最年少記録を更新する、なんと!1ヶ月と20日の赤ちゃんです。しかし、男の子のせいもあってか大きめの身長60cm!
なんともモデル体系で将来有望の赤ちゃんでした。

スリーパーというものがどういうものか知らない方が意外といらっしゃいましたので、この写真があるとイメージしやすいかと思います。3歳位まで使用出来るので、その頃の着用写真も撮影予定です。

この時期は今すぐ暑い夏に使えるガーゼタイプも、これから先に使えるボア素材も、パイル素材も、どのタイプもお求めの方がいらっしゃいます。

家の温度環境や季節などに合わせて、お好みの素材をお選びいただければと思います。
もちろん全部オーガニックコットンです。
パイピングもオーガニックコットンなので、首が擦れてもかぶれにくく、とってもやさしい作りとなっています。



柿渋染めエコバック

オーガニックコットンエコバックに新色が登場しました。

柿渋染めでムラ感のある渋いブラウンです。

ラッピングにエコバックを選ばれる方が結構いらっしゃいます。
ボックスが一般的で、見栄えも良く感じますが、やはりその後処分してしまうだけになってしまうので勿体ないですよね。
特にこのトートバックであれば実用性十分で、ファッションにも馴染みやすいのでオススメです。
柿渋染めエコバック(L)→http://organically.jp/products/detail.php?product_id=1505
柿渋染めエコバック(S)→http://organically.jp/products/detail.php?product_id=1506


お薦めの出産祝いで紹介されました

今回、またまたオズモールの広報ガールで伊勢半のPR担当の方がOrganicallyのワッフルロンパースをお薦めの出産祝いとしてご紹介して下さいました。
本当に偶然にも2回に渡りOrganicallyの商品を選んで頂き、こういった形でご紹介頂けて大変ありがたく思います。
まだまだ、Organicallyを知らない方が沢山いらっしゃると思いますので、多くの方に知って頂き、オーガニックコットンの素晴らしさを感じて頂けると嬉しいです。

http://www.ozmall.co.jp/ol/event/olnews/vol19/

カラーコットンのお話

コットンには白の他に茶色やグリーンがあるのをご存知ですか?

今では白いコットンが一般的になっていますが、もともとは茶色やグリーンもありました。しかし、染色等を施すのに、白いコットンの方が奇麗に染まるので白いコットンが主流になりました。そして、茶色のコットンは全く生産されなくなってしまいました。
この白いコットンは環境に優しい製品になりません。白い綿は製品になる前に漂白し、染色が行われるからです。この行程のなかで大量の汚染水を流すことになります。

そこで、1980年代、サリーフォックスという女性が無農薬で育てるオーガニックコットンの栽培に着手しました。昆虫学者の彼女は有機益虫(テントウムシ)などを用いて、農薬を使わず、オーガニックコットンの生産を商業的に生産出来るようにしました。
そして、彼女は川や海を汚す染色をすることなく、カラーコットンで色や柄が出せたらとカラーコットンを栽培し、ビジネスとして成り立つレベルの生産量に引き上げ、カラーコットンを復活させたのです。それは、カラーコットンが栽培されなくなってから4000年振りのことでした。

しかし、現在カラーコットンの需要は少なく栽培を続けるのが難しくなって来ているそうです。オーガニックコットンでも染色されたものが可愛らしく見えたり、華やかに見えるなど有利な面が多いのでカラーコットンがなかなか選ばれにくくなっています。

Organicallyではそんな貴重とも言えるカラーコットンを用いた商品が沢山あります。お客様にこのようなお話をすると、ほとんどの方が驚かれます。そして、カラーコットンの商品を気に入って下さいます。
これからも染色を施す等の手を加えつつ、カラーコットンやオーガニックコットン本来の色も生かした商品づくりを心がけたいと思います。

カラーコットンの商品はこちら→http://organically.jp/products/list.php?category_id=122

スタッフ募集

スタッフ募集

Organicallyでは新しいスタッフを募集しています。

アルバイト・パート採用 募集要項
<募集業種>
ベビー用品販売

<資格>
高卒以上
オーガニックコットンや環境、ファッションなどに興味のある方。
おもてなしの心と向上心とある方。
目標達成意欲のある方。
小さな子供が好きな方。

<勤務地>新宿伊勢丹

<勤務日数>
週3〜4日(土日祝日勤務出来る方優遇、その他シフトの相談は可能です。)

<勤務時間>
5時間以上

<給与>
時給1,100円〜(経験により考慮致します。成果報酬あり。)

<待遇>
交通費支給

<応募方法>
履歴書を下記にお送り下さい。
書類審査後に面接日程のご連絡をいたします。
お問い合わせ等ございましたら下記連絡先へお願いいたします。
メールアドレス info@organically.jp
TEL 03-5725-9837
担当:柚山(ユヤマ)

<面接地及び履歴書送付先>
〒153-0061 東京都目黒区中目黒1-3-5 1F
TEL 03-5725-9837

遺伝子組み換えでない種の研究の成果

オーガニックコットンの認証機関NOCからのレポートです。

現在、インドのオーガニックコットン栽培は、遺伝子組み換えの種があまりにも蔓延してしまったため、在来の種が極端に入手困難となって、酷い痛手となりました。

従来の種の入手先に頼れないのであれば、bioReプロジェクトが種を確保しなければならないとして、独自の種苗 計画を進めてきました。
この研究には、スイスの農業研究機関FiBLとインドのダーワッド農業科学大学が
加わりました。
「遺伝子組み替えでない種で、高品質の綿花を有機栽培する」というミッションを
一日でも早く果たすため一丸となって取り組みました。
しかし、相手は植物で促成が出来ないため年単位の時間が必要でした。
そして3年目の今年、ついに見通しがつきました。

bioReプロジェクトでは、しっかりと市場性のある品種についての要求基準を設けていましたが、その基準を満たす品種が13もありました。
検討の末、候補になった78の品種の試験栽培が行われ、その内13の品種が当初のbioReの要求基準をクリアしました。
要求基準とは、農家にとって、収穫量が採算点に達するかどうかと、紡績などの
工業生産に耐えるだけの強度と繊維長があるかどうかです。

次の段階は、この13の品種が、条件の違う色々な農地の場所で、期待される成果を
出せるかどうかの実験です。
十分な検証をした上で、遅くとも2016-2017年のシーズンには、大量の種を
オーガニックコットン農家に供給して、本栽培に漕ぎ着ける予定です。
このプロジェクトには、資金面では、スイスCOOP基金やCorymbo基金などの支援がありました。
オーガニック農業は、明確に遺伝子組み換え技術を拒否していて、そのために以上のようにインドbioReオーガニックプロジェクトの事業そのものが苦境に陥った訳ですが、
遺伝子組み換えの危険性に気付いた多くの人々がこのプロジェクトを支持しています。
日本の皆さんも彼らの健闘に拍手を送りましょう。