スマッシュケーキ

SNSで話題!1歳バースデーの新定番になりそうなスマッシュケーキって何?

赤ちゃんがやってきたことをお祝いするベビーシャワーや生後半年記念のハーフバースデーなど、ベビーに関するさまざまなイベントがメディアに次々登場しています。

その中でも最近SNSを中心に注目を集めているのが、「スマッシュケーキ」です。

とてもキュートで見ている大人も思わず笑顔になれるスマッシュケーキとは何なのでしょうか?

日本では「一升餅」、海外では「スマッシュケーキ」

スマッシュケーキにて、ケーキを両手でほおばる男の子
ケーキを両手でほおばる男の子

スマッシュケーキは初めての誕生日である1歳をお祝いするイベントです。

日本の1歳のお祝いといえば一升のお餅を背負う一升餅(誕生餅)ですが、欧米ではケーキを豪快に食べるスマッシュケーキがあります。

部屋を1歳のお誕生日仕様に飾り付け、その前で赤ちゃんがケーキを食べている写真を撮影するイベントで、近年では日本でもSNS映えすると人気が高まっているようです。

ケーキを両手で食べる無邪気な姿が撮影できるのもありますし、生まれて初めてケーキを口にする貴重な瞬間を撮影できるメリットもあります。

ちなみにスマッシュケーキの『スマッシュ』とは、「強い力で打ち壊す」といった意味です。

参考:壊しながら食べる!?スマッシュケーキとは? | 一般財団法人 日本educe食育総合研究所

スマッシュケーキをしたい!実際にどのようなケーキを使うの?

1歳と言えば離乳食も完了期に入るころになり、中には大人とほぼ変わらない食事内容になっている子もいるかもしれません。

だからといって、大人と同じ糖分や油分が含まれているケーキはまだ早いものです。

そのため、イベント用のケーキが必要になるでしょう。

スマッシュケーキのサンプル
シンプルな手作りスマッシュケーキ

最近ではケーキ店で対応してくれることもありますし、通販でも手軽に手に入ります。

またはベビー用のケーキミックスと水切りヨーグルトを使えば、手作りもできるでしょう。

トッピングにはカラフルなフルーツや好きなお菓子を使うと、赤ちゃんが興味を持ちやすくなります。

自宅でスマッシュケーキをするときに用意しておきたいもの

①シート類は多めに

まず準備したいのがシート類です。

スマッシュケーキは赤ちゃんが興味を持てば持つほど、当然ながら周囲は汚れます……。

広い場所にシート類を敷き、床を保護してください。100円ショップで購入できるもので十分です。

②背景のデコレーション

スマッシュケーキをしている際の背景にもこだわるのならば、飾り付けをしてみましょう。

スマッシュケーキの本場である欧米では、年齢にちなんで「1」のモチーフで飾り付けることが多いそうです。

③写真撮影用の服

実際にスマッシュケーキをする際、赤ちゃんが着る服を用意しましょう。

汚れると分かっていてかわいらしい服を着せるのは抵抗があるかもしれませんが、水切りヨーグルトならば洗濯をすればほとんど取ることができるので、記念になるような一着を用意すると良いでしょう。

または暖かい季節ならば、おむつ一枚で撮影することもあります。

成長するとおむつ姿はなかなか貴重になりますから、良い思い出になるかもしれません。

また海外のスマッシュケーキでは、季節を問わず上半身は裸であることが多いようです。

④ふき取るタオル類

赤ちゃんにとって良い匂いがするケーキを手づかみして、そのまま食べたり握ったりする行為はとても楽しいものです。

つい周囲を汚したり、赤ちゃん自身も激しく汚られたりしますから、撮影前にふき取る用のタオル類を多めに用意しておくことをおすすめします。

用意が面倒……そんなときには!

もう1歳とは言えど、まだまだ赤ちゃんで手がかかるものです。

スマッシュケーキに興味はあるけれども、準備や後片付けを考えると手がかかりそう……

そんな時には、フォトスタジオを利用してみるのも良いでしょう!

フォトスタジオの中には1歳の誕生日向けにスマッシュケーキプランを用意しているところもあります。

また、写真撮影はもちろんのこと、準備や後片付け、ケーキの手配まですべて行ってくれるスタジオもあるので、手間がかかりません。

同日にドレスを着た写真も撮影できるので、1歳のお誕生日プレゼントの一つとして計画してみてはいかがでしょうか。赤ちゃんへの愛情が伝わる良い記念になるはずです。