どうしてオーガニックコットン? | オーガニックコットンのOrganically

Organically/どうしてオーガニックコットン?

どうしてオーガニックコットン?

オーガニックコットンは普通のコットンと比べてどんな違いがあるのか?どうしてオーガニックコットンが良いと思われているのか?普通のコットンより値段が高くなってしまう理由は?
オーガニカリーが使用するオーガニックコットンはどのように栽培され、製品になっているのかを詳しく、分かりやすくご説明します。

オーガニックコットンとは?

オーガニックコットンとは、無農薬で栽培されたコットン(綿花)のことです。

オーガニックコットンは一般的な綿畑で大量に使用している化学肥料や殺虫剤、除草剤などの農薬を(農薬を国や地域や土壌の状態によって違いますが)2〜3年以上使わず、有機肥料やてんとう虫等の益虫を活用して、手間をかけながら、昔ながらの自然な栽培方法で作られたもの。
それが、オーガニックコットンです。

農薬を使用すると、化学物質が土を汚染するだけでなく、土に染み込み、その土に住んでいた微生物にまで被害を及ぼします。

コットンの生産地は発展途上国に多く、貧しい農民達は農薬を買うために借金を背負うなどで多くの人が苦しんでいます。
また、コットン農場で働く人々は、農薬による健康被害もとても深刻です。

つまり、オーガニックコットンの農法は、農薬を使用しないことで、農地の環境や生態系、そこで働く人たちの健康や労働環境を守る、理想的な栽培方法なのです。

そして、そのような環境で育てられたオーガニックコットンは天然の油分を保ち、繊維の状態が正常なため、洗濯しても繊維に弾力性があり、肌触りがやさしいのが特徴です。 肌触りのよさと化学的なものを含まないので、小さなお子様や肌の弱い方に選ばれています。 

Organicallyのオーガニックコットンと
通常のコットン何が違うの!?

1まず、使われている農薬の量が違います。

通常のコットン

綿畑の面積は地球上にある農地(牧草地を含む)の中で、わずか1%に未満です。しかし、殺虫剤などの使用量は、全世界で使われる量の約1/4が使われています。綿花を作るためには害虫駆除などのために非常に多くの農薬が必要となっているのが現状です。

オーガニカリーのオーガニックコットン

オーガニックコットンの畑では、化学肥料、除草剤、殺虫剤など、一切の化学農薬を使いません。有機認証機関の管理の下で栽培されたオーガニックコットンは、世界中の綿の生産量のわずか1%未満という希少なものです。 

2コットンの作られ方が違います

<栽培時期>

通常のコットン

一般の綿畑では種に防虫剤を散布し、耕す土壌には化学薬剤や肥料で土壌を消毒、改良します。さらに、コットンを育てながら雑草を駆除するために除草剤を散布し、コットンの葉につく虫を駆除するために殺虫剤を散布します。土の中の微生物は弱り働けないので薬品無しでは育たない土壌になってしまいます。毎年毎年農薬を使っていくうちに土地はどんどんやせて、植物も微生物や虫も寄り付かない土地になってしまいます。

オーガニカリーのオーガニックコットン

オーガニックコットンの畑では、てんとう虫などの益虫を活用したり、虫の嫌いな匂いなどで害虫駆除を行い雑草は手作業で除去するなど古来の様々な方法を駆使して行います。また、土の中の微生物も元気に働いている豊かな土は水分を多く保ち綿花も成長しやすい環境となります。何年も何十年も継続して生産ができる生き生きとした大地となります。

<収穫時期>

通常のコットン

収穫の時期には人工的に葉や茎を早めに枯らして、コットンの綿の品質が下がらないうちに刈り取ります。その手段としてベトナム戦争で使われていたことで有名な枯葉剤を散布することで効率的に綿を収穫しています。未熟な状態で機械で刈り取られた綿花は、綿本来が持つ弾力などの力を失ってしまいます。

オーガニカリーのオーガニックコットン

オーガニック農法の場合、茶摘みと同じでいい状態のものを目で見て早摘みから遅摘みまで3〜4段階に分けてひとつづつ丁寧に手摘みで収穫していきます。日数なども分けて収穫していくので手間暇がかかります。しかし、枯葉剤などを使って無理やり綿花を痛めつけることがないので繊維の自然な柔らかさなどが保たれます。

通常のコットンの場合
Tシャツを一枚作るのに使われる綿が約200gで、そのTシャツには150gほどの農薬が使われているそうです。
3製品になるまでの工程が違います

通常のコットン

一般的な綿を糸や布地に加工する工程においては、無理やり枯らせて一度に収穫した枯葉や枝の混ざった綿を均一にし、その後の加工をしやすくしていきます。
糸にする際には染めやすくするために漂白し、色が定着するようにしたり、繊維の毛羽立ちを防ぐなど、さまざまな化学処理が施されます。
柔軟剤は敏感肌の方にとっては明らかに悪影響ですし、蛍光剤は仕上げをきれいに見せるためだけのもので、排水負荷の高さを考えると全て、使用したく無いものばかりです。企業の汚染廃水の20%は染色をはじめとする化学処理により有害物質が大手アパレル企業の繊維工場から出ています。それらは大変深刻な問題になっています。

オーガニカリーのオーガニックコットン

オーガニックコットンを糸や布地に加工する工程においても、化学処理を行いません。糸までは現地でオーガニックコットン専用のラインで作られます。
そのあと、糸は日本に輸入され、生地になります。生地にするときに使うワックスは通常石油系ですが、蜜ロウを使用したり、生地が仕上がってからの最終洗浄はオーガニック認証を取得した石油系原料や、合成香料保存料など環境や身体に悪影響の無い洗剤を使用しています。
基本的に染色せず、生成りやカラーコットンと呼ばれる茶色や緑の綿花の自然色を生かしています。
染色をする場合でも国内(主に倉敷)で安全性の高いヨーロッパ基準の染色を行っております。

通常のコットンの場合
CO2の排出量はアパレル業界が石油産業に続いて第2位です。綿のTシャツを1枚作るのに何千リットルもの水が使用されています。その他、汚染水、大気汚染、発ガン性やアレルギーの恐れのある薬品の使用など多くの問題があります。

オーガニックコットンの場合
アメリカのNPO法人であるTE・テキスタイル・エクスチェンジと環境コンサルタント企業のPE International社がオーガニックコットンと一般綿を比較し、環境負荷についてどのような差があるかを調査しました。オーガニックコットンはあらゆる面で一般綿を上回りました。
・通常のコットンと比べて、オーガニックコットンは地球温暖化の評価が47%も少ない。
・通常のコットンと比べて、オーガニックコットンは酸性雨が70%も少ない。
・通常のコットンと比べて、オーガニックコットンは土壌劣化、浸食が26%少ない。
・通常のコットンと比べて、オーガニックコットンは農業用水の使用を91%減らした。
・通常のコットンと比べて、オーガニックコットンはエネルギー使用量を62%減らした。

4農地で働く人の人生が違います

通常のコットン

一般の綿製品は大変安く売られています。 そのため人件費、運営費が安い経済後進国の労働力を利用しています。インド、アフリカの綿花農場は一般的に貧困地域です。
農場の有力者が農民に化学肥料、殺虫剤などの農薬を使って農業をするように指導します。
有力者は農薬の会社から何らかの金銭を受け取ることになります。農民は栽培を始めるとき、農薬を買う資金を持たないのでまず借金からスタートします。収穫が終わると仲買人に作物を売り、借金分を差し引いたわずかな金額を受け取り、生活に充てます。農薬の害の為に働けなくなった夫を持った妻は子育てをしながら農作業を行うという悲劇的な状況になる家族もあります。
また、人件費の安い子供を雇います。その多くが農家の親と契約して、親の債務の為に子供を身売りします。その賃金はとても安く、大人の半分ほどと言われています。綿は背が低く、大人だとかがんでの作業となり、また手作業による人工授粉なども行う細かな作業なので、大人の手では非常に難しく、またあまりに過酷なので大人が働きたがらない仕事です。それほど過酷な作業をインドで言えば、何十万人もの児童が学校にも行けず働かされ、半数ほどが14歳以下と言われています。
また、そのほとんどが女の子だそうです。
奴隷とも言える様な環境で、労働だけでなく性的虐待等を受けているケースも多くあるそうです。
その結果、安いコットンが生まれ、先進国では1枚数百円でTシャツが買えるのです。

ビオリプロジェクトの場合

ビオリプロジェクトのオーガニックコットン農場では生活改善のプロジェクトが進められ成功してきています。
一般の綿花農場の農民がひとたび有機農業に転換すると、化学肥料はじめとする農薬を仕入れることはなくなります。その代わりに堆肥作りに励みます。楽な作業ではありませんが、借金と言うマイナスのスタートではありません。綿花における有機農業指導員のアドバイスを受けながら害虫対策、除草対策を進め、秋になり収穫します。綿花を一つ一つ手で摘んでゆきます。

ビオリプロジェクトが、一般の綿花相場の最低でも20%上乗せの支援価格で買い取ります。農民の人たちは、借金していませんのでまるまる収入になります。
家を直し、服を買い、牛を飼って、子供たちに新鮮なミルクを与え、やがて学校に通わせられるようになります。日本人の生活から見たらまだまだ足りているとは言えないかもしれませんが、農薬の健康被害もなく健康的な生活を送ることが出来ています。
また、NOCラベル一枚につき2円が貧困地域の支援基金となることが記載されています。

このようにきちんとしたフェアトレードのプロジェクトであれば、通常の綿花よりずっと高く買ってもらえるのです。
比較的安価なオーガニックコットンはフェアトレードではなかったり、大量生産で機械式に刈り取られ現地にメリットがあまり無いことがあります。

5着た時や使用した時に違いがあります

通常のコットン

普通のコットンは糸から生地なるまでに様々な化学処理が行われており、生地が痛んでしまうので風合いが失われてしまいます。失われた風合いを再現する為に多量の柔軟剤が使用されています。 従って、洗うたびに加工した柔軟剤が取れて生地はパサつき、堅くなって行きます。
特にタオルはやわらかい風合いを出すために柔軟剤を使います。柔軟剤を使うと柔らかくはなりますが、吸水性が落ちるので今度はまた吸水剤を使って仕上げます。 そのため使い始めの柔らかさは綿自身の柔らかさではなく、柔軟加工によるもので、やわらかさを持続させるには柔軟剤を使用し続けなければなりません。買ったばかりのタオルをそのまま使用しようとすると全く水を吸収しないのは柔軟剤が影響しています。一度洗うと吸収するようになるのは、柔軟剤を洗い落としているからです。一度洗うだけ風合いは失われ、吸収性が蘇ります。このような経験は皆さんがしているかと思います。

たくさんの加工で薬品まみれになったコットン製品を着ることができない人がいます。それは化学物質過敏症の方達です。この病に悩む方々はコットン以外にも化学繊維などあらゆるものを着用することができません。繊維に残る微量な化学物質でも反応してしまい、精神及び身体的な症状が現れてしまうとても大変な病です。日本でも多くの人が苦しんでいて、増加傾向にあります。

オーガニカリーのオーガニックコットン

オーガニックコットンの場合、触れた時にまず肌触りの良さを感じてもらうことができます。また、その風合いは持続します。
化学薬品の使用せずに作ったものには繊維の傷みが少なく、繊維本来の風合いが保たれているので、洗えば洗うほど馴染み、乾かすことで繊維がふっくらとして、最初の使用感よりふわふわとしてなめらかな肌触りを感じることが出来ます。また、繊維が洗うことで立つのでボリューム感も出てきます。 その風合いを持続するために、柔軟剤などの化学的な力を借りることなく、オーガニックコットンが自らの力で風合いを保ってくれます。
また、オーガニックコットンの茶色い綿花(カラーコットン)場合紫外線のカット率が95%以上と言われています。

オーガニカリーのオーガニックコットン製品は化学物質過敏症で苦しむ方にも着用していただけています。(NOC認証タグ製品のみ)ある番組で「オーガニックコットンと普通のコットンは質は同じで価格は倍」と結論を出していました。それはある一部分だけを切り取ったもので大きな誤解を招きます。本来のオーガニックコットン製品は綿花はもちろん、製品になるまでも化学的な処理をできるだけ排除しているので通常のコットンとは明らかに質が違うと言えます。そうでないと、化学物質過敏症の方が着用できるはずがないのです。オーガニックコットンを使用していても加工段階で化学処理を行っている製品もあるので気をつけて選んでくださいね。

カラーコットンとは?

コットンには白の他に茶色やグリーンがあるのをご存知ですか?
今では白いコットンが一般的になっていますが、もともとは茶色やグリーンもありました。
しかし、染色等を施すのに、白いコットンの方が奇麗に染まるので白いコットンが主流になりました。
そして、茶色のコットンは全く生産されなくなってしまいました。
この白いコットンは環境に優しい製品になりません。
白い綿は製品になる前に漂白し、染色が行われるからです。
この行程のなかで大量の汚染水を流すことになります。

そこで、1980年代、サリーフォックスという女性が無農薬で育てるオーガニックコットンの栽培に着手しました。
昆虫学者の彼女は有機益虫(テントウムシ)などを用いて、農薬を使わず、オーガニックコットンの生産を商業的に生産出来るようにしました。
そして、彼女は川や海を汚す染色をすることなく、カラーコットンで色や柄が出せたらとカラーコットンを栽培し、ビジネスとして成り立つレベルの生産量に引き上げ、カラーコットンを復活させたのです。
それは、カラーコットンが栽培されなくなってから4000年振りのことでした。

しかし、現在カラーコットンの需要は少なく栽培を続けるのが難しくなって来ているそうです。
オーガニックコットンでも染色されたものが可愛らしく見えたり、華やかに見えるなど有利な面が多いのでカラーコットンがなかなか選ばれにくくなっています。
また、カラーコットンにはデメリットもあるのが現実です。耐光堅牢度と言って、光によって色の変化に耐えられるかどうかというものを見るものです。通常の染色は化学的な力によって色の変色がおこらないようにしていますが、これらの処理をしていない天然な状態のため、変色が生じてしまいます。天然染やデニムなどについても同じことが言えます。この色の変化なども味わっていただくのも楽しみと考えてだけたらと思います。 Organicallyではそんな貴重とも言えるカラーコットンを用いた商品も展開しています。
お客様にこのようなお話をすると、ほとんどの方が驚かれます。
そして、カラーコットンの商品を気に入って下さいます。
これからも染色を施す等の手を加えつつ、カラーコットンやオーガニックコットン本来の色も生かした商品づくりを心がけたいと思います。

オーガニックコットンは遺伝子組換えではない!

「オーガニック」の基本的な考え方は、「自然の摂理を尊重することにあり、人工的な手立ては極力使わないというところにあります」 有機農産物のガイドラインを作ってきたIFOAMの規定でもはっきりと禁じています。
遺伝子組換え種子は高い生産性や品質を保つために作られ、世界中で一気に広がり、コットンだけではなく様々な農作物で「遺伝子組み換え(GMO)」が蔓延しています。皆さんはご存知だったでしょうか?世界中で生産されている「一般的な綿花」のほとんど、90%近くが「遺伝子組み換えコットン」であるということを。GMOは「自然の摂理」を超えた人工的な技術で、その恐ろしさは計り知れません。
重量比で、繊維が30%、種が70%です。 70%の種は、綿実油になります。酸化しにくい食用油として、フライ食品、スナック菓子、ツナ缶などの魚の油漬け、マーガリンに使われています。 絞りカスは牛の飼料や肥料として用いられます。
例えば、GMOの種の一つBTコットンは性を出す土壌中の微生物の遺伝子を綿花に組み込んで、害虫の被害を防ぐために作られました。 その毒性が人や家畜に悪影響を及ぼす可能性があります。 私たちの日々の生活の中にもGMOは入ってきています。
スーパーで納豆を手にするとき、パッケージの裏を見て、遺伝子組み換えでないかどうか見ることはありませんか? コットンの油が食品で使われているのですから、同じことです。
綿花についても遺伝子組み換えでないか?オーガニックコットンなのかを気に留めて欲しいと思います。 この先の子供達の健康のためにも遺伝子組換えは排除していかねばなりません。
GMOの生産は生産効率の向上や途上国の貧困軽減などを大きくうたって来ましたが、GMOで育てても根絶するはずの害虫が耐性を持ち、さらに高額なGMOの種子を買わされたりと、近年うまくいかず、生産が減少して来ています。   

FLAG SHOP /
NO.0 DAIKANYAMA

〒150-0061
東京都目黒区中目黒 1-3-5 1F
TEL 03 5725 9837
FAX 03 5725 9974
営業時間>
平日 12:30-18:30
土曜 12:00-18:30
日曜・祝日 12:00-18:00
定休日>火曜日

VIEW MAP

SHOP IN SHOP /
林源十朗商店

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知 2丁目23-10
林源十朗商店 HEART MADE BASE/離れ2F
TEL 086-441-7063
http://www.genjuro.jp
営業時間>11:00-20:00
定休日>月曜日
*名入れ刺繍は承っておりません。
http://www.genjuro.jp

VIEW MAP

取扱店舗 /
大丸 神戸店 #yokotateno

〒650-0037
兵庫県神戸市中央区明石町40番地
5F #yokotateno
TEL 078-599-6839(売り場直通)
営業時間>10:00-20:00
定休日>元旦を除き休まず営業
*お取り扱い商品は一部の商品に限られています。
*一部名入れ刺繍対応(Organicallyの直営店と内容が異なります)
大丸神戸店ホームページ

VIEW MAP

取扱店舗 /
伊勢丹 新宿店 Organically

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-14-1
6F ベビーマタニティーコーナー
TEL 03-3352-1111(大代表)
営業時間>10:30-20:00
(時期により変わることがあります)
定休日>不定休
*お取り扱い商品は一部の商品に限られています。
全ラインナップをご覧になりたい場合は代官山直営店舗までお越しください。
*名入れ刺繍は承っておりません。
伊勢丹新宿店ホームページ

VIEW MAP