organicallyとは? | オーガニックコットンのOrganically

Organically/organicallyとは?
organicallyとは?

organicallyとは?

Organicallyというブランドについての紹介です。私たちがOrganicallyに取り組んだ想いとこだわり。
そんな私たちがOrganicallyを始めたきっかけなどについてをご紹介。

私たちの想い

言葉にしがたいほどの、自然の脅威に対し、
いま出来ること、すべきことは何なのか。
もう一度、考え直さなければならない時が来ているように思います。

深刻化していく、地球温暖化や環境汚染。
成人病やアトピー、花粉症など、昔はなかった病気も、現代人を襲っています。
それらは、人間が自然に向き合わず、自然と反することをやり続けた代償です。

地球のために、未来のために、
ちいさな一歩として、私たちは、“オーガニックコットン”から始めます。

現在、ほとんどのコットンが、除草剤や殺虫剤、枯れ葉剤まで使用して作られています。
もともと服作りをしてきた私たちは、そこで見た化学薬品の多さに驚き、
これらを浴びた服を着ているのかと、とても恐ろしくなりました。
人の手で雑草を取り、害虫から守りながら育て、
手間と時間をかけてひとつひとつ収穫する。
昔は当たり前に行っていたことを、今の時代に、もういちど取り戻したいのです。

“オーガニックコットン”は、肌にやさしいとか、やわらかいという印象が強いと思います。
でも、良いことは、それだけではありません。
「安い」と思って購入していた、洋服、タオルなどのコットンが作られている畑には、
悲しい現実があるのです。
農家の人々は、たくさんの農薬で身体を蝕まれ、
高額な農薬を買うために、借金を背負いこんだり。
畑にまかれた農薬は、地中に流れこみ、水を汚染したり。
さらに、小さな子供たちが劣悪な環境で重労働を課せられていることも多いのです。
“オーガニックコットン”を選択することは、
生産者を助け、土壌を助け、環境を助けることにつながります。
オーガニカリーでは、生地はもちろん、“オーガニックコットン”を使用し、
付属品も環境に配慮したものを選んでいます。

明日の希望のため、
子供達の未来のために少しずつ。
出来ることを、これから広げて行きたいと思います。

オーガニカリーのこだわり

常に誠実なものづくりを心がけてみなさまにお届けします

1. 信頼できるオーガニックコットンを使用

近年、オーガニックコットン製品は多く見られるようになってきました。
しかし、お肌のトラブルを持った人たちが安心して使用できるオーガニックコットン製品は極わずかです。
私たちはそんなお客様が安心して使用できる、オーガニックコットンのみを使用しています。
その証明となるオーガニック認証を得ています。

2. フェアトレードであることが重要です

綿栽培を行うのは貧困国がほとんとです。コットンの全生産量の70%以上が貧困国で生産されていると言います。先進国が安価なファッションを楽しめる影に苦しむ綿農家の人々がいます。この現状を改善するためにもフェアトレードであることが重要だと私たちは考え、フェアトレードによるオーガニックコットンを使用しています。

3. メイドインジャパンへのこだわり

現在、様々なものがコストを押さえるために、外国生産となっています。それにより、高い技術をもつ国内の工場や技術者が次々に経営困難に陥っています。日本人の繊細で丁寧な伝統技術を守るために、私たちは日本製にこだわっています。オーガニックコットンの糸を生地にし、染色、縫製など日本のベテラン職人によって行われています。

オーガニカリーの誕生について

はじめまして、オーガニカリーです。

オーガニカリーは服飾のデザイナーであるパパとグラフィックなどを経験してきたママとで
2010年に立ち上げたブランドです。

パパは年に4回もコレクションを展開するブランドに携わっていました。
そこでは新しいものを生み出し、売れ残ったらセールに出し、また新し物を作る。
という無駄を多く感じるアパレルに疑問を持っていました。
そんな時、オーガニックコットンに出会い、深い興味を持ちました。
もともと子供の頃にアトピーで悩まされていたこともあり、
オーガニックコットンに切り替えるのに時間はかかりませんでした。

その後、忙しく働く二人は初めての子供を授かりました。
このことでさらにオーガニックコットンへの興味は深まり、
自分たちはもちろん、子供の様々なことで悩み、心配する多くの親が
本当に安心して使用できるベビー用品を作りたいという強い想いから
子供がお腹にいる時から準備を進め、
オーガニカリーをスタートさせました。

オーガニックコットンを使用することは、それを身につける人にとって安心なだけでなく、
作られる土壌を正常な状態に戻し、そこで働く人を農薬などの被害から守ることができます。
また、私たちは日本製にこだわることで、縮小していく日本の伝統的な技術や文化を
残していきたいとも考えています。

ゆっくりではありますが、この先もずっと、子供やみなさんの目線に立って
誠実なものづくりを続けていきたいと思っています。

FLAG SHOP / NO.0 DAIKANYAMA

〒150-0061
東京都目黒区中目黒 1-3-5 1F
TEL 03 5725 9837
FAX 03 5725 9974
営業時間>
平日 12:30-19:00
土曜 12:00-19:00
日曜・祝日 12:00-18:00
定休日>火曜日

VIEW MAP

SHOP IN SHOP / 林源十朗商店

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知 2丁目23-10
林源十朗商店 HEART MADE BASE/離れ2F
TEL 086-441-7063
http://www.genjuro.jp
営業時間>11:00-20:00
定休日>月曜日
*名入れ刺繍は承っておりません。
http://www.genjuro.jp

VIEW MAP

取扱店舗

伊勢丹 新宿店 Organically
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-14-1
TEL 03-3352-1111(大代表)
営業時間>10:30-20:00
(時期により変わることがあります)
定休日>不定休
*お取り扱い商品は一部の商品に限られています。
全ラインナップをご覧になりたい場合は代官山直営店舗までお越しください。
*名入れ刺繍は承っておりません。
伊勢丹新宿店ホームページ

VIEW MAP