アトピー・敏感肌の方にお勧めする理由 | 代官山オーガニックコットン専門店Organically

オーガニックコットンの専門ブランド「Organically」です。
オーガニックコットンシリーズ

メディア掲載

スタッフ募集

出産祝いギフトラッピング

名入れ刺繍入りギフト

検索条件

ショップリスト 店舗一覧

ショップブログ





内祝い結婚祝いギフトセット

•送料について
全国一律540円(税込)
※ご注文合計がお届け先1件につき、8,000円(税込)以上で送料無料となります。
<<詳しくはこちら>>

•お支払い方法について
カード、銀行振込、代金引換からご選択頂けます。
<<詳しくはこちら>>

•商品のお届けについて
昼12時までのご注文は名入れ刺繍も当日出荷可能!ただし、定休日の火曜日と土日祝日を除く
<<詳しくはこちら>>

•返品・交換
商品の到着後7営業日以内にご連絡ください。
<<詳しくはこちら>>

•ギフトラッピング
ギフト包装や出産祝い等各種熨斗、メッセージカードも承ります。
<<詳しくはこちら>>


Organciallyのまめ知識「アトピー・敏感肌の方にお勧めする理由」


オーガニックコットンは肌が薄くて刺激の弱い子供の肌に優しく、お肌のトラブルが最も少ないと言われています。
お肌の弱い方にも安心して着て頂けます。

肌にやさしいオーガニックコットン
アトピーなどの敏感なお肌にはある特定の物質や環境に過敏に体が反応して
かゆみなどのトラブルを起こします。

それらの原因には食べ物や身の回りの化学物質や気温や湿度等さまざまな
要因があるようです。

しかし、特に気をつけたいのがいつも身につける衣類です。

ナイロンやポリエステル、レーヨンといった化学繊維は比較的反応しやすいので
気をつけた方が良いようです。

オーガニックコットンは化学的な物を出来るだけ排除して作られたコットンなので
オーガニックコットン製品はもっとも安全性の高い衣類と言えます。

      しかしながら、全てのオーガニックコットンがお肌にトラブルのある方に安全とは言えません。       綿花として摘み取られたときの農薬の残留量は微量だとしても、通常の綿花は製品になる過程で       糸にしやすい様に化学薬品が加えられ、生地として扱いやすい様に化学薬品が加えられ、       染色がしやすい様に化学薬品が加えられ、その他加工をしやすい様に化学薬品が加えられ、と       どんどんどんどん、化学的な処理が行われて行くのです。       このような、摘み取られた後から製品になるまでの工程はオーガニックコットンでも       大量生産される様なオーガニックコットン製品は扱いやすい様に化学的な工程が       行われ、オーガニックコットンとしての質がほとんど残らない状態になってしまっていることもあるのです。      


オーガニックコットンでもいろいろある!
先ほど述べたように、オーガニックコットンだから全て安全とは言い切れないところがあります。

「オーガニックコットン製品です」と書いてある商品でも、実際は
オーガニックコットンが半分、残りの半分は普通の農薬をたくさん使用したコットンが
混ぜ合わせて作られたものもあります。

また、オーガニックコットンがどこで作られたものかも敏感なお肌の方には重要なようです。
例えば「○○産のオーガニックコットンだと肌が荒れる」などというご意見を聞くこともよくあります。
それはオーガニックコットンとはいえ、価格を抑えるために
完全なオーガニック農法が行われていない可能性があります。

さらに精錬から生地をつくり、縫製されるまでの過程がどうだったかという点も重要です。

認定機関によってオーガニックコットンの考え方が違います。
普通のコットンが何%までだったら混ざっていてもオーガニックコットンの認定することもあります。
またどんな産地でもオーガニックコットンと認定することもあります。
製品のチェックもあまりされていないケースもあります。
これでは、本当に敏感なお肌の方は安心出来ません。

そこで、日本オーガニックコットン流通機構(NOC)は100%オーガニックコットンであることや、化学処理を
していないこと等を1商品ごとに確認し、認定を与えています。
産地も貧困な農地にフェアトレードを通じて支援する取り組みを基本としています。
目印はこのタグです。特にブラウンのNOCコットンラベルは特に厳しい条件をクリアした商品についており
化学過敏症の方が購入するときの目印となっているほどです。
詳しくは「オーガニック認証」をご覧下さい。




静電気を寄せ付けない!
静電気が家の中等のホコリを吸い寄せるので、ホコリの中のアレルギーの原因と
なるダニの死骸や糞、カビなどを体内に取り込みやすくなるという危険性があります。

アレルギーや皮膚のトラブルを悪化させてしまうこともあるので、
デリケートな皮膚の赤ちゃんやアレルギーなどのある人は特に気をつけたいですね。

さらに、健康面でも悪影響があると言われています。

静電気で血液中のビタミンCが不足して抵抗力が低下し、疲れやすくなったり、風邪等の病気に
かかりやすくなったり、カルシウム不足でストレスが溜まりやすかったりすることがあるそうです。

また、貧血になりやすくなることや肩が凝る原因になること等、体調不良の原因の一つとなる
とも言われています。

なんとなく調子が悪いなぁと思う原因が意外と身近な静電気のせいなのかもしれないのですね。
合成繊維を着用していると、肌の弱い人にあまり良くないと言われています。
天然繊維には繊維の自然な空洞が保たれていて、適度に水分を含んでいるので、静電気の発生が
ほとんどありません。


衣類の保存方法(防虫剤・消臭剤について)
長期間衣類をしまっておく際には防虫剤を使用したり、ちょっと部屋の匂いがついてしまった
衣類に消臭剤を使用する習慣がります。最近では部屋中に消臭剤をまき散らしたりすることも
よくあることでしょう。
これもお肌の弱い方、アレルギーをお持ちの方にとってはとても怖いもののようです。
アトピーに至っては、使用をやめると70%が改善したと言われているケースもあります。

タンスやクローゼットに長時間しまっていた衣類は一度洗濯してからしようするようにしましょう。
防虫剤や消臭剤も天然のアロマを使用したものもありますので、そういったものの使用をお勧めします。


合成洗剤
オーガニックコットンのお洗濯では天然のものを使用することをお勧めしています。

せっかく、お肌にやさしいオーガニックコットンを着用しているのに、合成洗剤であらってしまったら
オーガニックコットンの意味が無くなってしまいます。

合成洗剤は基本的にお肌の弱い方には良く無い化学物質が含まれています。
柔軟剤も同様です。メーカーによって症状の差もあるようです。

しっかり水洗いしたつもりでも、洗剤が残ってしまうので、残った洗剤は少しに見えますが、
かぶれを起こすには十分な量です。

肌が敏感な方には水洗いや重曹、自然素材の洗剤の使用をお勧め致します。

詳しくはまめ知識 「お洗濯の方法」 をご覧下さい。


化学物質過敏症の方へ
オーガニカリーの商品は化学物質過敏症の方でも着用して頂けるレベルのオーガニックコットンの生地で、染色などの化学的な処理を一切しない商品も展開しています。

一般の綿衣料や生活雑貨は、漂白、染色ほか、繰り返し化学処理を施します。繊維に吸い込まれた多くの化学物質は、過敏な方々には刺激として作用しています。

漂白や染色、柔軟剤などの一般に行われている化学処理は、効率よく、手間をかけないのが目的です。
化学処理をせずに仕上げるということは、逆にどの行程でも手間がかかり、コストアップにつながります。

そのため、敏感な方に安心して来て頂けるオーガニックコットン製品はデザインの制限や、価格面などの難点がありますが、原料から製品まで一貫して
安心安全を追求している点をご理解ください。

さらに、体に直接触れる衣類だけでなく、過敏な方は生活上でも注意や工夫が必要です。

<家の中の化学物質発生源を探す>
家の中には意外に沢山、化学合成物質があります。
芳香剤、防虫剤、臭いのあるプラスチック製品、香水、洗剤、香料入りの柔軟剤、化粧品、マニュキュア、ヘアカラー、白髪染め剤、整髪料、スプレー類、ペイントした小物、家具の塗装剤、接着剤、タバコ、線香、蚊取り線香、床ワックス、カビとり剤、農薬(殺虫剤、除草剤)、建材床材、壁剤、青い畳など。

<ある物が、感作の原因の可能性があると思ったら処分する>
処分出来ない場合は、ポリエチレン等の袋で2重に包み、セロテープや輪ゴムで密封して、出来るだけ離れたところに保管する。

<化学的に合成された製品から天然自然の製品に移行する>
一般的な化学合成の洗剤を植物油から作られた石鹸系の洗剤に替える。

<使えるもの使えないもの>
香料は化学合成系、ナチュラル素材系含めて使用しない。(植物エッセンス、お香)
筆記具ではマジックペン類は使用しない。
接着テープは、セロハンテープは使える可能性が高い。ガムテープ、ビニールテープ類は使用しない。
塩化ビニールは使用しない。
ポリ袋はPE:ポリエチレン、PP:ポリプロピレンは使える可能性が高い。
輪ゴム、クレープ紙(茶紙)、ポリ系や綿製の紐は使える可能性高い。
印刷物はカラーグラビアなどの光沢のある物は避ける。インクがしみ込みやすいマット系の紙は使える。白黒印刷は比較的大丈夫。新聞は印刷してから時間が経っていないので、出来るだけ避ける。どうしても読まなくてはならない印刷物は2-3時間、直射日光にあてて、しばらくしてから読む。

<衣類について>
購入した衣類は、必ず洗ってから着ること。臭いが感じるようであれば、40度以上の高温水に浸けて5-10分おいてから水洗いして、脱水後、日に干す。洗えない衣類は、日に干し、風邪にあてる。 注意:お湯で洗うなどの作業は、患者さん本人はしないようにすること。化学物質の蒸気をまともに受けてしまうので危険です。 *クリーニング店のドライクリーニングは不可。(化学溶剤を使って洗っています)
<タオル、ハンカチなど>
出来るだけ染色などしていない生成りのオーガニックコットンの物を選ぶ

<生理用ナプキン>
使い捨てナプキンよりオーガニックコットンの生成りの布ナプキンを使う。

アトピー・敏感肌の方にお勧めする理由のページです。
Organicallyは代官山にフラッグショップを持つオーガニックコットンを専門としたブランドです。
オーガニックコットンの素晴らしさをたくさんの人に広めるために、信頼できるオーガニックコットンを使用し、すべて国産で ベビー用品からレディース、マタニティ向けウエア、メンズウエア等を豊富な商品を取り揃えています。
特にベビーアイテムは出産準備、出産祝いに最適な商品をラインナップ。出産祝いにはお名前入り刺繍ができる、名入れ商品も 多く取り揃えており、ベビーバスローブなど人気があります。


アトピー・敏感肌の方にお勧めする理由 PageTop
サイト一覧
出産祝い
タオル
ベビー&キッズ
レディース
メンズ
ナチュラルグッズ
ソーイング
ギフトラッピング
出産準備
名入れ
オーガニックコットン?
こだわり
Made in Japan
オーガニック認証
お手入れについて
会社概要
お問合せ
プライバシーポリシー
特定商取引法に基づく表示
お支払い方法
配送方法・送料について