産後うつ

産後うつはどうやって対処すればいい?その方法を徹底解説

出産後10人に1人になりやすいと言われている「産後うつ」。

単なる気分の落ち込みとは異なり、生活や子育てにも支障が出る・精神的な負荷が大きいといった違いがあります。

今回は、そんな産後うつをどのように乗り越えて赤ちゃんとの楽しい日々をおくれる詳しく解説していきます。

【産後うつってそもそも何?】

産後うつとは、分娩から数週間~数カ月後まで続く極度な悲しみなどの心理障害が起きている状態を表しています。

一時的な気分の落ち込みの場合は、1日~2日程度で回復することが多いですが産後うつの場合は数週間以上続くという特徴があります。

・マタニティブルーとの違いは?

では、マタニティブルーとの違いはどういったものなのでしょうか?
マタニティブルーは、出産後の女性に起こる一時的な落ち込みという意味です。

産後うつと異なり、症状は1週間~2週間程度でおさまることが多いです。
そのため、マタニティブルーと産後うつの違いは「落ち込む期間の長さである」と覚えたほうがいいでしょう。

・産後うつの症状

産後うつの主な症状は以下のようになっています。

―疲労感や不安
―不安・緊張・パニック
―イライラ
―せかせかする
―物事に対する興味が薄れやすい
―つい自分を責めてしまう
―涙が出てきてしまう
―子供や夫に対する愛情を感じられない
―食欲がなくなるなど

以上の症状が出ている場合は、産後うつの可能性が高いです。
早めのうちに医療機関などに相談して対処していく必要があります。

【産後うつになってしまう原因とは?】

産後うつになってしまう原因でよく挙げられるのは以下の通りです。

・赤ちゃんの夜泣きによる寝不足

まず多いのが、赤ちゃんの夜泣きによる寝不足です。

生まれたての赤ちゃんの睡眠時間は細切れで、夜中に何度も起きて夜泣きをするというケースも珍しくありません。
夜泣きで起こされてしまい、赤ちゃんが眠るまで相手をしなければならない…。

さあ寝ようと思っても、すぐに赤ちゃんが起きてしまい結局眠れない…。

寝不足によるストレスが溜まりに溜まってしまい、イライラや倦怠感が発生し、結果として産後うつに繋がってしまうこともあります。

その他にも、物事が自分のペースで進められなくなってしまい、結果やり残すことが増えて部屋が片付かない、家事が進まないなどでストレスが溜まってしまいます。

・ホルモンバランスの乱れ

次に多いのが、ホルモンバランスの乱れによるケースです。
女性の身体は妊娠・出産をするとホルモンが大きく変化します。
ホルモンバランスが乱れると、脳のストレス機能も低下してストレスに対してかなり敏感になります。

ストレス機能が低下すれば、些細なことでもネガティブに捉えがちです。
それらが蓄積していって、産後うつへ繋がってしまうのです。

・家族の無理解/ワンオペ育児によるストレス

家族の無理解やワンオペ育児によるストレスで産後うつになってしまうケースもあります。

―夫の仕事が忙しく、家事・育児すべてが妻負担になる
―夫の育児に対する理解が足りず、それが妻のストレスに繋がってしまう
―実家への距離が長いため、気軽に育児を頼めない

などが挙げられます。

1人で育児をしていると、助言をしてくれる人も理解してくれる人もいないので悩みや不安を心に押し込めがちです。

それらが溜まりに溜まった結果、産後うつとして現れるようになってしまうのです。

では、産後うつを対策するには一体どうすればいいのでしょうか?
下記で詳しく解説していきます。

【産後うつの対策方法】

産後うつの対策方法は、以下の通りです。

・すべてを完璧にこなそうと思わない

初めての育児となると分からないことばかりなので、育児書に書いてある通り、人から聞いた通り、なんでも赤ちゃんのために完璧にしなくてはと思ってしまいがちです。ですが、妥協できるところは削って、できるだけ完璧にしなくてはという風に思わないようにしましょう。
育児をしながら家事を完璧に行うのは誰にとっても難しいことです。初めから一人でスムーズにこなせる人はいません!

はじめての育児なら、まずは赤ちゃんのお世話ばかりで家事はおそろかになってしまっても仕方ありません。

―今日は夕飯の支度ができなかったら宅配サービスを利用よう!
―今日は掃除や片付けができなかったので旦那さんには我慢してもらおう!
―今日はお風呂掃除ができなかったのでシャワーで我慢しよう!など。

家族の方にも理解してもらえるよう相談してみましょう。
溜め込まず、早めに相談するのも大事です。

上手に手抜きができるようになれば、精神的な負担も少しは減るはずです。
また、負担が大きいことは実母や義母・家事代行サービスなどを利用してみるのも一つの手です。
甘えられるところは人に頼むようにして、やらねばならないことを減らして育児に専念しやすい環境を作っていきましょう。

・実家や預かりサービスを利用して睡眠時間は確保する

赤ちゃんの夜泣きがひどくて睡眠時間が確保できない場合は、実家や義実家・赤ちゃん預かりサービスを利用するという人も増えています。

赤ちゃんを他所に預けることができれば、一人の時間も確保しやすくなります。
「他人様に預けるのは申し訳ない…」
「できるだけ自分でお世話してあげたいと思っている…」
と考えてしまいがちです。

でも、どうしてもというときに、こうした手段があると知っておくだけでも気持ちが軽くなるかも知れません。また普段育児を頑張っている自分へのご褒美として考ることができれば、きっと精神的な負担も軽くなるでしょう。

・産婦人科など公的機関に相談する

育児に関して不安なことや相談なことがあれば、些細なことでも産婦人科などの公的機関に相談してみるといいでしょう。

公的機関に相談することで、本やネットとは違った生身のアドバイスを受けることができます。
また、悩み相談も受け付けているので利用するのもお勧めです。

直接出向くのが難しい…という場合は、電話相談サービスも利用してみるといいでしょう。人に話すだけでも気持ちが落ち着きます。
日本助産師会の公式HPで全国の子育て・女性健康支援センターの電話番号が記載されてますので、こちらもぜひ活用してみてください。

http://www.midwife.or.jp/general/supportcenter.html

・育児本やネットはあくまで参考程度に

はじめての育児は何かと不安がつきもの。
そのため、育児本やネットの記事を鵜呑みにしてしまうという人もいるでしょう。

育児本やネットの記事は、あくまで参考程度に利用しましょう。とはいえ、何が正解か初めての育児ではわかりません。
育児のやり方などは一人ひとり違います。色々やっていかないと気付かないことが多くありますが、一つの意見だけに捉われず、自分の悩みにあった別の対処法を誰かに相談したり、探してみましょう。

【まとめ】

今回は産後うつの対策について解説していきました。
産後うつは原因や症状などを把握していけば、しっかりと対策することができます。

少しでも「産後うつかな?」と思ったら、今回ご紹介した対策法で少しでも軽くなれば育児が楽しくなり、赤ちゃんがもっともっと愛おしく感じられることでしょう。

Posted in Q&A