出産費用

出産にかかる費用って具体的にどれくらい?安く済ませる方法はある?徹底解説

「出産って結構お金かかるって聞いたけど、具体的にはどれくらいなんだろう?」

「あまり貯蓄がないから、なるべくなら出産費用を抑えたい…」

このように考えている妊婦さんもいるでしょう。

今回は、そんな人のために出産にかかる費用や出産費用を抑える方法について詳しく解説していきます。

【出産にかかる諸々の費用一覧】

出産費用は、入院代や分娩代・検診代の他様々な費用がかかってきます。

諸々の費用を一覧化していますので、はじめて出産する方はぜひ参考にしてみてくださいね。

・出産費

まずかかるのが、出産費です。

出産費に関しては、出産の仕方によって費用が大きく異なってくるという特徴があります。

自然分娩の場合の平均費用は50万円ほどとなっています。

こちらは健康保険が適用されないため全額実費となっています。

「高額すぎて費用が払えるかどうか分からない…」

このように不安に思う人もいるかもしれませんが、安心してください。

後述の公的制度を利用すれば、費用を安く抑えることができます。

「お金に余裕がなくて払えるかどうか分からない」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

帝王切開の場合の平均費用は、だいたい約20万円~24万円ほどとなっています。

手術をして赤ちゃんを取り出すので、健康保険の適用範囲内に入っています。(自己負担額は3割となってきます)

※手術の内容によっては金額は異なってくるので要注意です。

その他、無痛分娩の場合は自然分娩に+10万~20万円程度かかってきます。

麻酔を施して分娩を行うので一見健康保険が適用されると思われがちですが、無痛分娩の場合は健康保険の適用外なので費用は全額実費となります。

・マタニティ、ベビー用品

分娩費用と同じく比較的多くかかるマタニティ・ベビー用品。

一般的には10万~13万程度かかると言われています。

・2~3ヶ月ほどの生活費

意外と見落としがちなのが、出産後から2~3ヶ月ほどの生活費です。

出産一時金など公的な制度を利用して出産費用を安く済ませることは可能ですが、これらは即時振り込まれるというわけではありません。

一時金が振り込まれるまでの生活を回していくだけの費用が必要になってきます。

平均費用は60万程度となっています。

子どもが生まれたときにゆとりを持って生活をしたいなら、より多く貯めておく必要があります。

・検診代/入院料など

意外とかかるのが検診代や入院代などです。

検診代は健康保険が適用されないので、費用は全額実費扱いになっています。

普通の検診の場合の費用は1回あたり3千円~7千円程度、より精度の高い検査をする場合は1万円以上かかってしまうことも…。

検診は全部で14回あるので、総額で10万円以上かかることもあります。

ただ、こちらに関しては公的制度を使うことで費用を抑えることができます。

後述の妊婦健診補助券などを利用すれば、検診代は4万円程度に抑えることが可能です。

※自治体によって助成金額・内容は異なってきます。

また、入院料はだいたい8万円~14万円程度となっています。

検診を受ける病院によって入院費は大きく異なってくるので、あらかじめ確認しておくといいでしょう。

【出産費用に関しては公的制度を使って安くすることが可能!】

「出産って思ったよりお金がかかるんだ…」

このように不安に感じる人もいるでしょう。

ですが、安心してください。

出産費用は公的な制度を利用することで、大幅に安く済ますことができます。

ここでは、出産時に利用できる制度をいくつかご紹介していきます。

費用を抑えたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

・妊婦健診補助券

妊婦健診補助券とは、簡単に言えば「検診代を安く抑えられるチケット」のようなものです。

妊婦健診にかかった費用の一部を自治体が補助してくれる制度で、母子手帳の発行と同時にもらうことができます。

1回あたり5,000円~6,000円(自治体によって限度額は異なります)まで使える補助券が14回分発行されるので、これらを利用すれば通常よりも検診代を安くすることが出来るのです。

検診代をちょっとでも安くしたい方は、利用してみるといいでしょう。

・出産育児一時金

出産費用を大幅に安くするのにおすすめな出産育児一時金。

この制度を利用すれば、子供一人につき42万円まで支給されます。

そのため、出産費を安く抑えることができるのです。

(ちなみに双子以上の場合は、子供の数だけ一時金が支給されます)

健康保険に加入している場合は、ぜひ利用してみてください。

その他、会社から支給される出産手当金や医療費が自己負担金額を超えた時におすすめな高額医療費制度というものもあります。

出産費用をより抑えたい方は上記の制度も利用してみるといいでしょう。

【まとめ】

今回は、出産にかかる費用はどれくらいかについて詳しく解説していきました。

一般的な出産費用は50万円程度と言われていますが、各種公的制度を利用すれば大幅に費用を抑えることができます。 これから出産を控えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。