オーガニックコットンのすすめ~静電気について

冬に衣類を脱ごうとすると静電気を感じることがよくありますよね。静電気の発生の大きな原因の一つが衣類です。

最近特に寒くなって来たので、重ね着をたくさんするため良くビリッと感じます。

特に衣類品のほとんどに含まれている、石油を原料とするナイロン、アクリル、ポリエステルなど
の合成繊維の摩擦により静電気が発生し、人の体に静電気が帯電されていきます。

戦前ぐらいまでは衣服は綿や麻、シルク等の自然生地の天然繊維が主流でした。

天然繊維には繊維の自然な空洞が保たれていて、適度に水分を含んでいるので、静電気の発生が
ほとんどなかったのです。
しかし、戦後にナイロンなどが開発されてどんどん静電気を感じる人が増えたそうです。

また、ポリエステル同士など同じ素材を重ね着したときも静電気は発生しますが、ポリエステルとナイロンなど違う合成繊維を重ね着したりして、摩擦があると静電気は大きく発生するそうです。

また、合成繊維を着用していると、肌の弱い人にあまり良くないだけでなく、健康面でも
悪影響があるようです。

綿などの天然繊維と合成繊維では合繊繊維の方が血糖値の急激な上昇してしまうことが
研究により報告されています。

また、合繊繊維を着用することで発生する静電気は体内のビタミンCが通常より多く使われ、
血中のビタミンCが不足したり、さらにカルシウムが減少することも分かっているそうです。

ビタミンCの不足で抵抗力が低下して、疲れやすくなったり、風邪等の病気にかかりやすくなったり、
カルシウム不足でストレスが溜まりやすかったり。

また、貧血になりやすくなることや肩が凝る原因になること等、体調不良の原因の一つとなる
こともあるようです。
なんとなく調子が悪いなぁと思う原因が意外と身近な静電気のせいなのかもしれないのですね。

さらに、静電気が家の中等のホコリを吸い寄せるので、ホコリの中のアレルギーの原因と
なるダニの死骸や糞、カビなどを体内に取り込みやすくなるという危険性もあります。

アレルギーや皮膚のトラブルを悪化させてしまうこともあるので、
デリケートな皮膚の赤ちゃんやアレルギーなどのある人は特に気をつけたいですね。